スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


福島原発に異常なしと東電=福島地震(時事通信)

 福島県相馬市などで最大震度5弱の揺れを観測した地震で、東京電力は13日午後、福島第1原発(同県大熊町)と同第2原発(同県楢葉町)では異常が見つかっていないことを明らかにした。
 気象庁によると、大熊町と楢葉町の最大震度は4だった。 

全精社協元副会長に懲役1年6月求刑(産経新聞)
“紅茶市場”新たなファン獲得 多様な風味&健康的 合う料理も提案(産経新聞)
菅首相の所信表明詳報(4)「『強い経済』『健康大国』…の実現」(産経新聞)
<人事>外務省(17日)(毎日新聞)
明大での「ザ・コーヴ」上映会中止(時事通信)

<殺人未遂>長男の左胸刺す 重傷負わせ母親逮捕…福岡(毎日新聞)

 福岡県警行橋署は5日、長男の左胸を包丁で刺し重傷を負わせたとして、同県行橋市行事7、無職女性(41)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。同署の調べに対し「長男を殺そうと思って刺した」と供述したが、動機は「話しても理解してもらえない」と話しているという。

 逮捕容疑は同日午前3〜4時ごろ、自宅アパートで、小学校3年の長男(8)の左胸を文化包丁(刃渡り約18センチ)で刺したとしている。睡眠薬を飲ませて眠らせた後、刺したという。

 同署によると女性は長男と2人暮らし。同日正午過ぎ、自ら「子供を刺した」と119番。救急隊が到着した際、長男は寝室に横になった状態で意識は鮮明ではなかったが、出血は止まっていた。傷は浅く、命に別条ないという。【降旗英峰、高橋克哉】

【関連ニュース】
裁判員裁判:公判で突然否認の被告に懲役10年 東京地裁
殺人未遂裁判:被告が突然、起訴内容を否認 異例の展開に
傷害:米兵の子供起訴 道路のロープで女性重傷 東京地検
裁判員裁判:起訴1年公判日決まらず 鑑定医の事故で延期
女児殺人未遂:「子どもを殺したかった」玉置容疑者が供述

<広島女児殺害>結審 7月28日判決(毎日新聞)
【中医協】他施設受診の薬剤・注射費用、算定ルールを月内に見直し(医療介護CBニュース)
政府与党、会期延長を検討…参院選ずれ込みも(読売新聞)
かわいそうで仕方ない=首相辞任表明で鳩山邦氏(時事通信)
<鳩山首相退陣>新首相「初仕事」は支持率回復 参院選結果、進退に直結(毎日新聞)

民主・辻氏、検察審への問い合わせは「当然」(産経新聞)

 民主党の辻恵副幹事長は31日、小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で小沢氏を不起訴とした刑事処分の妥当性を審査している検察審査会に、審査手続きについての説明を要求したことを認めた。辻氏は「制度について問い合わせるのは当然のことで(検察審の)審理に影響があるはずがない」と強調した。

【関連記事】
検察審査会に説明要求 民主・辻氏「圧力と違う」
市民団体が上申書提出 小沢氏の陸山会事件 
「小沢氏、今辞任しても結果変わらず」 民主・石井選対委員長
小沢氏不起訴 信頼裏切る形式的な捜査
小沢氏、元秘書、業者…真実を語るのは誰?

医療費確保の道筋は「デフレ脱却」―民主・梅村議員(医療介護CBニュース)
「まさか帰って来はるとは」 出征した兄の遺骨、68年ぶりに日本へ(産経新聞)
もんじゅ原子炉、計画通り一時停止(産経新聞)
09年度派遣労働者42%減=厚労省(時事通信)
<殺人容疑>パチンコ店で遊戯中の男性刺す 男を逮捕 大阪(毎日新聞)

雑記帳 さいたま市の夫妻がバラ園で結婚式 花仲間が祝福(毎日新聞)

 前橋市の敷島公園バラ園で23日、さいたま市見沼区の飯島達徳さん(25)と貴代さん(24)夫妻が、地元の園芸業者らが企画した「花仲間の手づくり結婚式」を挙げた。

 2人は約5カ月前に婚姻届を提出。新婦の父で園芸業の星野晃正さん(58)が「一人娘を手放したくない」と式は実現していなかったが、園芸仲間が「娘さんは花に囲まれた式を夢見ていたはず」と説得した。

 約7000株が咲き誇るバラ園は今が見ごろ。雨のため式は温室内で行われたが、約70人が参加し、星野さんは「大勢に祝福してもらえた」と涙をほろり。雨降って地固まる大団円の式となった。【鳥井真平】

【関連ニュース】
<美しいバラの写真特集>第12回国際バラとガーデニングショウ
<美しいバラ>:甘い香り満開 名古屋・鶴舞公園
<美しいバラ>東尾理子:200輪のバラのドレスを披露 トゲは「ないです!」
<美しいバラ>新生ハウステンボス:/下 新たな目玉、あふれるバラ /長崎
<美しいバラ>国際バラとガーデニングショウ:閉幕 入場者数は21万1259人

辺野古の住民組織、埋め立て容認する方針(読売新聞)
ワクチン接種、22日午前にも開始=宮崎の口蹄疫(時事通信)
<雑記帳>黒部ダムの流木使った文房具販売 関電の関連会社(毎日新聞)
花粉症になったら、こんな食べ物にご注意!
海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)

谷垣氏「首相は発言が軽い」 党首討論(産経新聞)

【党首討論詳報】(1)

 鳩山由紀夫首相(民主党代表)と、自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表による党首討論が21日、行われた。討論の詳報は以下の通り。

 谷垣氏「総理。先日は米国に行きまして、核セキュリティーサミットに参加されましたね。これは米国と日本がイニシアチブを取って始めたもので、確かシェルパ会合も日本で行われたと記憶しています。日本は唯一の被爆国という立場であり、当然このサミットでは外交的なリーダーシップを発揮しなければならない。こういうことであったと思います。ところが私はこれが終わりました後のメディアの評価を読みまして、がくぜんとしました。ワシントン・ポストであります。オバマ政権の当局者の意見によれば、このショーの最大の敗北者は、あわれでますます愚かな鳩山首相だったとまで言っている。私は怒り心頭に発しました。なんたる日本国総理大臣に対する暴言だろうと、私はそのように思いました。しかし、考えますと、その原因が総理、あなたにあるこということも否定できません。問題は前回の党首討論でも申し上げましたが、総理の政治の責任者としての発言。これが軽い。そして、うまくいかないときにはあたかも他人事のように責任を転嫁する。こういうことが今までいくつもありました」

 「あなたの政権で政治と金の問題。誰一人責任を取った人がいません。そしてまた政策においても、数々のマニフェスト(政権公約)違反がありました。あなたたちのいわゆる改革を推し進めるというよりか、むしろ歯車を逆に回している面がある。そのひとつは、郵政改革ですね。官から民へという方向への逆行。それから公的金融の肥大化。財投復活。こういう道を歩んでいるじゃありませんか。それから2番目。これは高速道路です。あなたたちのマニフェストでは原則無料化であったはずが、いつの間にか実質値上げ。浮いた財源で高速道路を造る。こういうようなこと。そのほか枚挙にいとまがありません。しかしなかんずくですね、公務員制度改革。これについては、もともと民主党のマニフェストでは人件費2割削減。何一つ手が着いておりません。それから天下り根絶。これも逆方向に進んでいる。福田内閣のときに与野党一緒になって作りました国家公務員制度改革基本法も無視している。これはつまり、労組依存、労組言いなりの御党では絶対にできない。こういうことを証明しているのではないかと思います。ところがこういう法案を出しておきながら、今週末にはですよ。審議を尽くさないまま無理やり採決をするというようなことがいわれてもいる。まさか、そんなバカなことはなさらないでしょう。あらかじめ警告をしておきます。そして先ほどの核サミットに返りますと、総理は10分間、オバマ大統領と会談をされたということであります。この10分間で何を議論されたのでしょうか」

【関連記事】
財源なしに公約つくれない 野田財務副大臣
題多い民主党の公務員改革
「私もぼやぼやしていられない」と自民・谷垣総裁
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感
鳩山首相、普天間「混乱しているよう報道され…」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

ファミマにレインコート強盗11万円奪う 兵庫・姫路(産経新聞)
防衛相が普天間問題で「極めて大変」参院外交防衛委員会で(産経新聞)
東京下町の中学、無料で夜間補習教室(読売新聞)
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」−普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)
<薬師寺>映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)

代表は橋下知事、「大阪維新の会」正式旗揚げ(読売新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表となり、府や大阪市の再編による「大阪都構想」の実現を掲げる地域政党「大阪維新の会」が19日、府選管に政治団体としての届けを出し、正式に旗揚げした。

 事実上の「橋下新党」で、同日夕には橋下知事らが出席して大阪市内のホテルで発足式を開く。すでに府議、大阪、堺両市議の計30人が参加を表明しているほか、さらに数人が合流を検討している。

 参加するのは、府議24人、大阪市議1人、堺市議5人。すでに府議会では同名の議会内会派が設立されており、自民党(29人)に次ぐ第2会派となる。両市でも新会派を作り、各議会で大阪都構想を本格的に議論する。

 来春の統一地方選で府議会と両市議会の過半数獲得を目標に掲げており、5月23日に投開票される大阪市議補選(福島区)にも候補者を擁立する方針。今夏の参院選では、「国政とは一線を画す」(幹部)として候補者は立てないという。

<普天間移設問題>鳩山首相、5月末決着を改めて強調 (毎日新聞)
 ブログ市長「勇気ない首長だらけ。変革ムリ」(産経新聞)
平等院鳳凰堂 内部をCGで再現 極楽浄土の優美な色彩(産経新聞)
<福岡発砲>「暴力追放運動、全面支援」…警察庁長官が視察(毎日新聞)
<田辺三菱製薬>「反省の姿勢ない」C型肝炎原告、強く批判(毎日新聞)

<火山噴火>旅行者100人足止め 成田空港(毎日新聞)

 「いつになったら飛べるのか」−−。アイスランドの火山噴火の影響で欧州に飛ぶ日本発着便も航路が断たれて、19日で5日目を迎えた。空港で足止めされベンチなどで寝泊まりしながら運航再開を待つ外国人が徐々に増え、同日朝、成田国際空港で約100人、関西国際空港でも40〜50人が朝を迎えた。成田だけでもこの日、出発、到着合わせて運航を取りやめたのは44便。旅行者の疲れといら立ちが目立つ。

 午前5時前の成田国際空港出国ロビー。ベンチや床に横になった旅行客のそばでは、帰国便を確保しようとパソコンや携帯電話を使って必死に情報を求める人も。係員が来る前からチェックインカウンターには運航状況を問い合わせようとする乗客の長い列ができていた。

 午前5時になり、ロビーは一斉に照明が点灯し、ほとんどの人が眠そうに目をこすっていた。

 気象条件による欠航では原則として航空会社は宿泊提供義務を負わない。乗客の中には周辺のホテルに自費で宿泊している人もいるが、格安旅行の旅行客には想定外の出費になる。

 フランスから1週間の予定で京都や広島を観光に訪れた電子部品販売会社員、ボリス・ソロミックさん(24)は搭乗予定だったエールフランスのパリ行きが飛ばず、17日からロビーに滞在。「アジア、中東経由での帰国も考えたが、運賃が高すぎる。予約できたのは30日のフライト。安く宿泊できる方法がないかフランス大使館に相談してみる」と途方に暮れた様子。「非常にストレスを感じる。ヨーロッパの空港で簡易ベッドや軽食が用意されたというニュースも目にした。対応が全然違う」と不満を訴えた。

 2週間の休暇を日本で過ごし、リヒテンシュタインへ帰国するためにルフトハンザドイツ航空のミュンヘン行きの搭乗を待つ高校教諭のピーター・ブッシェルさん(44)は、19日が新学期の初日だった。「とりあえずメールで勤務先に状況を伝えた。航空会社に聞いても『再開のめどは分からない』と繰り返すだけ。日本の桜は素晴らしかったのに、最後にトラブルに巻き込まれて参った」と疲れた表情。「ニュースを見たり、航空会社のサイトを見るためにインターネットを使いたいのだが、空港のパソコンは料金が高いので困る」と話した。

 ◇関空では40〜50人

 一方、関西国際空港の旅客ターミナルビル。大阪府警関西空港署によると、寝泊まりする外国人観光客は普段、20人程度だが、ここ数日は40〜50人程度と倍以上に。行き先も通常は便数が多いアジア方面ばかりだが、イギリス、フランス、イタリアなどへ帰国する人の足止めが多いという。

【関連ニュース】
【写真特集】アイスランド火山噴火
火山噴火:スペインで全空港再開
アイスランド:火山噴火 航空規制長期化 業界減収185億円に 運航再開の動きも
アイスランド:火山噴火 火山灰、影響多方面に バラ市場、医療にも
ニュースがわかる「火山の国に暮らす」

<強風>北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)
普天間基地移設先には触れず 鳩山首相、理解が得られたと手応え強調(産経新聞)
北日本は大荒れ、東日本はポカポカ(産経新聞)
抗うつ薬サインバルタを新発売―塩野義とリリー(医療介護CBニュース)
かくて国家や日本人の名誉は貶められる(産経新聞)

<総務省>山田、中田氏が顧問辞任(毎日新聞)

 総務省は9日、山田宏・東京都杉並区長と中田宏・前横浜市長が昨年10月から務めていた同省顧問を辞任したと発表した。山田、中田両氏は夏の参院選に向けて月内の新党結成を目指している。両氏は「一身上の都合」を理由とする辞任願を郵送し、原口一博総務相が了承した。

【関連ニュース】
総務省:官房総務課長らの人事異動 大臣遅刻で「更迭」か
消えた年金:第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中
原口総務相:自殺報道照会「今後、十分に注意」
原口総務相:遅刻で謝罪 参院総務委が中止
原口総務相:出版パーティー開く 会費2万円で「質素」に

私の飼い猫の名は?…高校教諭がテスト出題(読売新聞)
平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」「期待していない」(産経新聞)
出勤途中、男性殴られ軽傷=面識なし、男が逃走−滋賀(時事通信)
奨学金「返したくても返せない」(産経新聞)
女子学生へのセクハラ  田勢早大教授が「解職」(J-CASTニュース)

【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)

 来年4月から使用される1、2年生の国語の全教科書に神話が登場。神話に詳しい教育関係者からは歓迎の声があがる。正義や勧善懲悪などが素朴に描かれている神話は、いじめやネットによる情報過多など複雑な人間関係の中で生きている児童にとって新鮮に映り、「子供たちの心の中で強い印象を残す」などがその理由だ。先生たちは神話を通じて何を教えていくか。指導の工夫が期待される。(植木裕香子)

                   ◇

 ■日本人の起源学ぶ好機

 文部科学省によると今回の教科書検定では、「古事記」「日本書紀」「風土記」のいずれかに含まれる話を神話として位置づけた。その中でいずれも「古事記」で書かれた「因幡(いなば)の白ウサギ」を5社中4社が、「ヤマタノオロチ」を2社が掲載。東京書籍は前出の2つに「海幸彦と山幸彦」などを加えた。また、教育出版では作家の福永武彦氏が文を担当した絵本『おおくにぬしのぼうけん』(岩崎書店)から因幡の白ウサギを掲載した。

 現行の小学校国語教科書には全学年で神話が掲載されていない。状況が一転したことについて福井県福井市森田小学校の吉田高志教頭は「神話が取り上げられたことについては評価している。神話は当時の日本の様子を知る上でまたとない資料となることは間違いない。私たちの祖先が文字のなかったころから歴史を語り継ぎ、現在へ至ったことを子供たちに伝えることができる」と指摘。そのうえで「神話を読んで自分の住む郷土や国を知って好きになり、これからの日本の社会をよくするために貢献しようという子供がどんどん増えていけばいい」と期待を寄せた。

 福岡県立太宰府高校の占部賢志教諭も「文化遺産を伝えていくことは大事なこと。今まで日本の神話や伝承を教科書で教えることは遠ざけられていたので、ものすごく評価している」と歓迎した。

 日本史の教諭として「古事記」をテーマにした授業も行うという占部教諭は「高校卒業直前に生徒に最も印象が残った授業は何かとアンケートをとると、2年生の時に教えた古事記の授業をあげる子がとても多かった」と説明。その理由について占部教諭は「現代の子供たちは価値観が多様化するなかで何が正しいか分からない複雑な社会で生きている。それに対し『ヤマタノオロチ』などでは正義や勇気というメッセージが素朴でストレートに描かれており、生徒は心を打たれ、神話にぐっと引き込まれているようだ」と分析する。

 そのうえで「古事記の授業を受けてわが国独自の国文を創作する苦心を知り、自分たちが使う国語をおろそかにしてはならないと感じる生徒もいた」と述べ、神話が生徒自身に自国の伝統文化を大切にしようとの気持ちを芽生えさせる効果があると指摘した。

 また「今の子供たちは日本人としての誇りがなく自国への関心が薄いため、国際社会に出て外国人に『日本』について聞かれてもきちんんと答えることができない。バックボーンがわからない人間は国際的にも信用されない」と指摘。ボーダーレス化が進む社会で生きる現代の児童にとって「日本人の起源」を教える神話は、将来的にも重要な役割を担うと訴えた。

私のしごと館 わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
与謝野元財務相、自民離党届を提出(読売新聞)
北海道で震度3(時事通信)
6月に若者支援ビジョン=政府(時事通信)
限度額上げ、公約と矛盾せず=鳩山首相(時事通信)

<認知症予防財団>東京で設立20年パーティー(毎日新聞)

 財団法人「認知症予防財団」(大友英一会長)の設立20周年記念パーティーが30日、東京都千代田区の学士会館で開かれ、関係者約120人が出席した。

 財団理事長の朝比奈豊・毎日新聞社社長が「認知症への偏見はなくなりつつあるが、安心して生きていける社会づくりが大切だ」とあいさつし、来賓の宮島俊彦・厚生労働省老健局長は「患者を社会の総合力で何とかしていかないと」と述べた。竹嶋康弘・日本医師会副会長、中島紀恵子・日本看護協会看護教育研究センター長らもあいさつし、アルツハイマー治療のワクチンを開発している田平武・順天堂大大学院教授は「治療薬ですべて解決するわけではない。根絶するまでがんばりましょう」と呼びかけた。大久保満男・日本歯科医師会会長や久常節子・日本看護協会会長のほか高橋裕・アメリカンファミリー生命保険広報宣伝部長らも出席した。財団ではシンポジウム開催や無料電話相談などを続け、09年にぼけ予防協会から名称変更をした。

【関連ニュース】
【新刊本】『医療崩壊 医師の主張』=唐澤祥人・著
新型インフルエンザ:ワクチン3万回分余る 県医師会、国に買い取り要望 /山口
看護師:現場復帰を支援 離職者38人、防府の専門学校で研修会 /山口
時のひと:4月から県医師会長に就任する、金井忠男さん /埼玉

<中国毒ギョーザ>「さらに究明を」首相が談話(毎日新聞)
谷垣氏、全国行脚終える 低い浸透度…効果のほどは?(産経新聞)
<闇サイト>監視強化で「ネットハンター」新設…警視庁(毎日新聞)
「前政権のうみ出し切る」=官製談合指摘で政務官−6社を指名停止・防衛省(時事通信)
<民主>定数3以上は複数候補擁立へ 統一地方選(毎日新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
副業
携帯ホームページ
ブラック キャッシング OK
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化 還元率
債務整理 無料相談
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 即日
サイドビジネス
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM